CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なんとなく
日々やっとります。
更新しないで削除されちゃうかもなんてちょっと気になったので、更新してみたり。
| 山なし谷なし | 23:20 | comments(6) | trackbacks(0) |
But now, it has changed.
When I started this blog, I got a lot of things I want to say, but I was lonely.
When I started this blog, the title is fit to me.

But now, it has changed.

Still bad luck has never been part of my life but, a good luck has happened.
Now, I've got a woman.
Now, I've got a woman whom I can talk anything.

Article must be decrease.
It could be abandoned...
| 山なし谷なし | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
きっとコンスコンと同じように
Bolton 1-3 Newcastle
Martins Magic Buries Bolton

開幕戦、快勝だったようで。

新監督の新布陣は4−3−3。
GKはハーパー(Harper )。ギブン(Given)は鼠蹊部の怪我でお休み。
DFは左からエンゾグビア(N'Zogbia)、ロゼーナル(Rozehnal)、テイラー(Taylor)、カー(Carr)。
MFはスミス(Smith)、ジェレミ(Geremi)、バット(Butt)。
FWはヴィドゥカ(Viduca)をセンターにミルナー(Milner)とマルティンス(Martins)。

わずか26分で3ゴール。
去年無得点だったエンゾグビアがフリーキックで得点。
マルティンスが華麗なオーバーヘッドとロングシュートで2得点。

3失点だと!?
26分ももたずにか?

と、ボルトン(Bolton)のサミー・リー(Sammy Lee)監督は椅子からズリ落ちたでしょう。

マルティンスの2点は、観てないけど、身体能力の高さを感じさせるモノだった様子。
オーバーヘッドの得点は、BBC でもオフィシャルでも "brilliant" って言ってるし(BBC は "spectacular" 付き、オフィシャルは "absolutely" 付き)、ロングシュートはだいたいそれだけですごいもの。

69分にマルティンスがソラーノ(Solano)と交代。4−5−1にしたとオフィシャルに記述。ということはヴィドゥカをトップに、ミルナーをひとつ下げたということだろう。

70分にヴィドゥカがアメオビ(Ameobi)と交代。
86分にミルナーがラメージ(Ramage)と交代。


開幕戦勝利は重畳。
アラダイスの采配はどうなんだか不明。試合開始26分で3-0になったら采配も何もないだろう。
ロングボール主体の戦術はヘドが出るほど嫌いだが、それは対戦相手が取った場合のこと。自チームがそういうことをするのは、止むを得ない場合もあるのは事実。残留が目標の下位チームが基本戦術としてさいようすることや、負けが込んでちょっと勝ち点をあげとかないと降格圏内に巻き込まれそうというチームが緊急避難的に採用することは仕方がないと思う。
でも、常に上位を目指すチームが常時それではうんざり。ボルトンがそうだった。

なので、とりあえず安全圏に落ち着くところまではビッグ・サムお得意のロングボール作戦でも構わないが、そのあとはもっとスペクタクルな試合を見せてくださいよ、カントク!



しかし早いなー開幕。あっという間に新シーズンだ。
| Match of The Day | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
Welcome Alan!
Newcastle seal £6m Smith transfer

おおーっ、スミスが来たよーっ!!
懐かしきオレアリー(O'leary)の "Young Leeds" 時代の中心メンバーが。
マルチプレイヤーだし、気合いも入ってるプレイヤーだし、いいんじゃない?

リーズ時代の輝きを再び!

| - | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
「あ、しまった」ってナニ?
トイレの個室に入っていたら、隣から声が。

「あ、しまった」

ええっ、それナニ?
ナニが起きたの?

隣からは、何事もなかったように人が出て行ったようです。

なんだったんだろう…

| 山なし谷なし | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
空気読むのが商売なんじゃ?
未熟なため迷惑掛けた=「辞任は1人で決断」−赤城農水相会見

政治家なんて、空気を読んでナンボっていう商売じゃないんかね?

「官邸に秘書官を通じて呼ばれて」云々とか記者会見で言ってた。
最後の最後まで使えんヤツだねコイツ。
コイツの間の悪さと空気の読めなさは絶品だね。
まぁ、総理がアレだから、お友達もアレなんかね。

| 気になる記事 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
Reyes completes move to Atletico
Reyes completes move to Atletico

おおーレジェスくん、アトレチコですか。
フェルナンド・トーレス(Fernando Torres)をついに放出したアトレチコとしては、代わりが欲しかったところなわけだ。

しかしこの写真はどうなんだい(笑)
アーセナル(Arsenal)に来た頃のかわいい感じはカケラもないね。ちょっと佐藤琢磨に似てたんだけど、それは俺の思い過ごしか。
なんかすげー悪者チックな顔だね、おい。

レジェス好きだったんだけどなー。過去形なのは、今シーズン観られなかったから。リーガのためだけにWOWOWなんか入れるか。

9月にマドリード行くときに観られるといいな〜。
| 気になる記事 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
カーティケヤン陣営、「金の力で負けた」
カーティケヤン陣営、「金の力で負けた」

お前が言うなお前が(笑)

| 気になる記事 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラ、ラスムッセン…
Leader Rasmussen pulled from Tour

あーらら。
なんかもう、言葉がないわ。

トラックバックをくれた(ありがとう)「徒然えふぇくと」では「解雇」となっているが、BBCに載っているラボバンク(Rabobank)の公式コメントでも「家に帰した」としか言っていない。

ヴィノクロフ(Vinokourov)の陽性についての発表時期にはあまり疑問はないが、ラスムッセンの場合はどうも何かの意図は感じる。

誰が権力を強めようとしてるのだろう?
これで太るのは誰だ?
| 気になる記事 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴィノクロフお前もか
Vinokourov fails Tour doping test

うわー、すげーすげー言ってたのはなんだったの。

そこまで効果って出るものなのだろうか。出るからドーピングやるんだろうか。
ラスムッセン(Rasmussen)にも、ドーピングテストを故意か過失か分からないが受けなかったという過去があるそうだ。しかも今年。

いやそりゃね、ドーピングしようがしまいが、観客にとってはどうでもよろしゅうございますよ。エキサイティングなレースが観られれば。ぶっちゃけ。プロレスしかり。

とは言え、ショーかコンペティションかということがプロレスと大きく違う。コンペティションは公平性が担保されてこそエキサイトできるわけで、そう考えるとドーピングしないほうがよろしいですな。

今年、もし優勝者がドーピングに引っかかったら、ここ10年のすべての優勝者が「汚れた英雄」ってことになる。

あ、俺は素人のアンチ・アームストロング(Armstrong)なんで、彼もドープ認定します。
| 気になる記事 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/41PAGES | >>