CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ガヨマウンテン
いつものコーヒー豆を買う店で、たまにはこんなのはどう?と薦められた。有機栽培のガヨマウンテン、しかも生豆。
すぐに焙煎してくれるというので、頼んでみた。生豆から15%程度減るとのことで、その分を計算に入れて計量。
5分で終わった。早っ。

焙煎後すぐの味わいは軽いが、半日ぐらい置くと味が落ち着くとのこと。しかし焙煎直後は香りが素晴らしいとのこと。

ということで、持ち帰ってすぐに淹れてみた。

うーん、分からん。

というか、いつも買ってる豆と違うから、どのくらい違うのか分からん。そもそもガヨマウンテン自体、銘柄を聞かなくてもすぐに味で分かるぐらいいつも買ってる豆と味が違うんだよな。

でも、正直美味い。というか好きな味なんだよな。表現する語彙は持ってないけど。
値段も普段の豆よりだいぶ高いんで、なかなか毎日これを飲むってわけにはいかないよな…。

| 食ったもん | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
結局、酒飲みじゃないのかな
ホッピーを飲んだ。
中を「少なめで」と頼んだら、かなり多かった。
「多いですか?」と訊かれた。
そんなに酒が強くないので苦笑いをしたら、減らしてくれた。
だけでなく、減らしてくれた分を小さなグラスに入れて「よかったら」とくれた。
気持ちはメチャ飲みたいのだが、飲んだら後がツラいのは明白。
結局、飲まずに帰った。

モッタイナ〜イなのだが、これを飲まない俺は結局酒飲みじゃないのかな。

| 食ったもん | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
うめっ!
最近、ジンをよく飲む。500mlの缶ビールを空けて足りないときに。
もう1本ビールを開けるには量が多いし、スコッチ、泡盛、焼酎、テキーラ、ラムでは酔いが回るのが遅い(…って、どんだけ酒があるんだ俺んちは/笑)。

そこでジントニックですよ。
量も濃さも好きに作れるしね。ついつい濃いめに作っちゃうけど。

タンカレーを愛飲中だが、他の銘柄も試してみようと思ってビーフイーターを一本買ってみた。が、なんか甘くてイマイチ。
ボンベイ・サファイアを買ってみたら、こいつはウマい!
ドライさではタンカレーのほうが上。たぶんビーフイーターとタンカレーの間ぐらい。でも、香りが爽やか、華やか。

ま、甲乙付け難しというところかな。

| 食ったもん | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
比企のらぼう菜


ひと束茹でて、束ねて絞ったらぶっといアスパラガスみたいになって面白かったので撮ってみた。

埼玉の西郊地域に江戸時代より伝わる春の野菜です。
by JA埼玉中央。

こういうものは茎だけ先にお湯に浸けて茹でるが、茎が太めなので、ちょっと長めがいいかも。茎も茹ればだいたい柔らかいが、一部、アスパラガスの根っこに近いほうみたいに、繊維が固くなっているところもあった。
辛子和えにして食べました。
| 食ったもん | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
バラフ
バラフってなんでしょうか?


























答え、これ。

鮮やかな緑色をした葉っぱです。夜露に濡れたように見えますが、違います。細かな水泡がついているのです。表はそうでもありませんが、裏と茎には水泡がびっしりです。


食べます。火を通したりはしませんでして。このままで食べました。何もつけません。塩も振りません。でもほのかに塩味がします。水泡に塩分があるそうです。水泡にはミネラルもたっぷりだそうです。食感は、とてもやわらかくて、繊維質を感じません。葉っぱの厚みが1ミリぐらいあるので、きっと乾燥地帯が原産地なのでしょう。塩味と同じか、さらに淡いぐらいのかすかな渋味は感じますが、癖もなく、おいしいです。付け合わせには向かないような気がします。姿形の主張が強くて。やっぱりサラダボウルの主役ですかね。この食感を楽しむなら、素材は絞ったほうがいいかもしれません。ググッたら、つくってるのはココらしいです。


| 食ったもん | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
エスビーのカツカレー
驚いた。

親戚がS&Bに勤めているので幼いころからS&Bに親しみがあり、レトルト系はS&Bの製品を買うようにしている。とくに香辛料はS&Bしか買わない。まあどこにも置いてあって手近だという理由もあるが。

先日、スーパーでレトルトカレーを物色していてS&Bの「カツカレー」を見つけた。パッケージのカレーにカツが乗っていたので「こんなイメージ画像いいのか?」とか思いながら買ってみたわけだが、いやマジでカツが入ってるとは。

そりゃ程度は知れてるけど、カップメンに入ってるチャシューなんかとは比較にならないぐらいのものが入っている。期待はしてはいけないが、この値段のレトルトカレーに入ってる物としては相当にがんばったなあという気がする。

| 食ったもん | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
メントス+
以前は強く感じていたカルシウムのイヤな後味を最近、感じない。

美味くなった?
それとも後味に慣れた?

慣れたんだろうなきっと。
| 食ったもん | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
蛋白源
牡蠣。
鴨。
牛。
豚。
鶏。
羊。
魚(ここだけひと括りかよ)。

…と年が明けてから食べてきたわけだが、ここにきてひとつ、知らないうちに摂っていたであろう動物性蛋白質があった。

虫。

さっき野菜炒めを作って食べていたのだが、きれいに火が通って透明になったなんかの幼虫くんがころんと。

そういえば、先日もかき菜(菜花のことをこう言うらしい)をお浸しにしようと茹でたら、ここにもなんかの幼虫くんがきれいな色に茹で上がっていた。
かき菜が気に入ったので3日連続で食っていたら、3日とも幼虫くんが紛れ込んでいたので(3日目はさすがに葉を洗っているときに発見。水に浮いてもぞもぞしていた)、この確率からすると俺は相当幼虫くんを消化していることになる。

まあ、農薬バリバリの葉っぱよりは虫もモリモリ食べる葉っぱのほうが安全な証拠だと思われるし、幼虫くんの1匹や2匹や10匹や20匹を食ったところで腹を壊しすらしないし、別によいのではないかな。

1日30品目のひとつに数えてもいいスか?


| 食ったもん | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
さより と きゅうり魚
x9l

走りのさより。
豊後であがったものだそう。
とってもきれいなお刺身でした。

あと、写真を撮り忘れたけど「きゅうり魚」ってのも食べた。
ナマだときゅうりのような匂いがするのだ。いやホント。
淡白な身で、子持ちだった。

ググッたら、ししゃもの仲間だそう。北海道ではよく見かけるが本州にはなかなか入ってこず、来ても干物になっている、とググッた先に書いてあった。

どっちも大変美味でした。

| 食ったもん | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
鶏腿のソテー、芽キャベツ添え、バルサミコソース
ばるさみこ

◆手順
・鶏腿に塩胡椒とオレガノをまぶしてしばし放置プレイ
・芽キャベツを茹でる
・フライパンに冷たいオリーブオイル、潰した大蒜を入れて弱火でじっくり香りを移す
・鶏腿の表面を強火で焼く
・別のフライパンで芽キャベツをバターでソテーする
・鶏腿は焦げないうちに取り出して電子レンジで2〜3分(火が通るまで)
・鶏腿と芽キャベツを皿に盛る
・鶏腿の脂を芽キャベツをソテーしたフライパンに入れ、パルサミコと醤油をAs you likeで入れ、半量ぐらいまで煮詰めてソースを作る
・ソースを鶏と芽キャベツに回しかける

◆反省点
・芽キャベツの茹で具合が不足。5分ぐらい茹でたほうがいいかも。
・ソースの味にもうちょい工夫したい。

| 食ったもん | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>