CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夢の中」で「トンネル抜けて」
先日、フジテレビ721で、『「soul of どんと 2006」どんと紅白』という番組を再放送していた。元ローザ・ルクセンブルグ、元ボ・ガンボスの どんと(1962-2000)のトリビュート・ライブの模様を収録したものだ。

ボ・ガンボスは、学生の頃、デビューアルバムの『BO&GUMBO』をよく聴いていた。たまたまテレビで「魚ごっこ」のPVを観て「なんだこれは?」と思ったのが最初で、レンタルレコード(当時はレコードだったのだよ)で借りて聴いたらハマッてしまった。

ある夏の日、友人たちと伊豆に旅行に行った。伊豆の先っちょのほうの海水浴場で、名前は失念した。
泊まったのは漁師の家がやっている民宿だった。その民宿は、海水浴場のある浜にはなく、そこから "トンネルを抜けて" ちょっと歩かなければならなかった。そしてそのトンネルを抜けたら道は高い橋桁の橋のうえにあり、目の前に海が広がっていた。

「トンネル抜けて」の歌詞とはシチュエーションはかなり違う。夜じゃないし、車じゃないし、寒い町じゃないし。
でも、仲間と心地よく疲れた身体でビーチサンダルをペタペタ言わせながらトンネルを抜けたら、夏の日暮れの海。糞ガキでもセンチメンタルな気分になるってもんで。オッサンになれば、いまはどこで何をしているのか分からない友達との想い出はさらに美化されているわけで。


「夢の中」は、その後社会に出てから心に染みた曲だ。おたふくかぜやはしかと同様、誰でもかかる「疲れてしまった病」に罹患したときに、お薬としてよく服用した。空を飛んで行くよーという曲だが、タミフルのような効きめではないらしい。

実はボ・ガンボスのアルバムは最初の2枚とライブ版しか持っていないのでこんなことを言うのもなんなのだが、疲れたり虐げられたりした人の立場の歌詞が多く、「拳を握って立ち上がって頑張れば絶対うまくいくぜ」、という歌詞はない。「夢の中」はその典型で「欲しいものはいつでも 遠い雲の上」と、挫折と諦念に満ちている。そこにはもはや努力はなく、逃避しか残っていない。そのころは(そしてその後ますます)「負けないで」とか「愛は勝つ」とか、オマエのその根拠のない自信と前向きさと無責任な煽りはなんなんだ、という曲が流行っていて、それに対して「人間、そんなにうまくいくわきゃねーだろ」と反感を持っていたこともあり、ボ・ガンボスを慰めによく聴いていた。


自分の好きな曲を人に薦めることはとても難しい。曲は自分の思い出と不可分なものなのだからだ。曲を知らない人がそういう気分じゃないときに聴いても、何も感じないものだし、あまり熱心に薦めるとベクトルが逆に向くこともある。押し付けがましくないように「こんな音楽もあるよ」という薦め方をしたところで、そもそも興味のないジャンルの音楽だったりするので、うんうんはいはいとその場でうなずいて終わりということも往々にしてある。

Slayer とか T.Rex とか Black Crowes とかが好きな自分は、人に薦めて受け入れられたことがないので(笑)、もう人には薦めない。
いや訂正、面識のある人に面と向かって、その人が興味を持っていないジャンルの音楽を薦めることはもうしない。
でもブログは不特定多数相手だし、どうせ誰も俺のこんな駄日記なんか気にもしていないし、世の中に発信したぞーという自己満足のためのようなもんだし、推薦しちゃうぞ。


| 本日の楽曲 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
声に惚れる:女版
男性と同じで、声質やビブラート、ため息、掛け声にクラッときてしまいます。
なんかメジャーな人ばっかりで、いまさらどうこう言っても仕方が無さ過ぎ。

1.YUKI(ex:JUDY AND MARY)
"Over Drive" EP
まだNOKKOの影響がかなり残ってるのが珠に瑕だけど、若々しくて張りのある歌声が堪能できる。秀逸な曲とあいまって、元気の無いときに聴くとテンションがみるみるあがる。ソロになってからのビョークっぽいパフォーマンスはどうなんですか。


2.宇多田ヒカル
"First Love" EP
ビブラートというにはあまりに不安定な声の揺れ。Wikipediaを参考にするとトレモロってことになるのかな。
歌詞もいいよね。"Traveling" とか。


3.椎名林檎

"ここでキスして。" in "無罪モラトリアム"
PVで、胸元の大きく開いた衣装とパサパサの髪型(名前知らん)のハードなロック姉ちゃんだと思ったら「あたしといっしょじゃなきゃ いやよ」の「ぃやぁ〜ょ」がとびきり素敵でその落差に参りました。弱々しくもあり強引でもありかわいらしくもあり恐ろしくもあり、女って怖えなーって思いました。


4.戸川純
"蛹化の女" in "玉姫様"
上手い下手を超越してますっつーか上手く歌う気サラサラないし上手く歌っちゃいけないしね。
ゲルニカでやってた昭和歌謡の名残りもある。


5.大塚愛
"さくらんぼ" EP
「ぃえいっ!」の掛け声でやられました。普通に歌ってるときはどうでもいいけどカワイイ声を出してるときは素敵です。
歌詞はちょっと面白いけど下手。顔もパッと見はかわいいっぽいけどよく見ると別にかわいいとは思わん。


番外で一十三十一(ひとみ とい)とCOLTEMONIKHA(コルテモニカ)の酒井景都。

今日はぶらぶら12000歩以上散歩しましたが、BGMはこのへんの人たちの曲でした。天気もよくて、とても気持ちよく足が進みました。
基本的に、洋楽は男性ヴォーカル中心、邦楽は女性ヴォーカル中心。邦楽で気に入ってる男性ヴォーカリストは100%自分より年長。自分より年下のヤロウが歌ってると、「何を小生意気なことを」という思いが先に来てしまうのでダメ。自分の感じてきて大したことはないなと思ったことをさも重大なことのように扱ってるとバカっぽく思えちゃうし。
その点、年上は自分の未踏の地で何かを感じているのだろうと思えるし、ガイジンは別世界の人間だから素直に別の感覚を受け入れられる。女性もガイジンと同じく別世界の人間だからOK。外人の女性ヴォーカルも iPod にいっぱい入ってるけど、邦楽の女性ヴォーカリストほどまとめてききたいという感じはしない。やっぱり女性としての魅力もコミコミなんだろうか。とすると、やっぱり自分はかわいい人が好きなのかな。


| 本日の楽曲 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
声に惚れる:男版
歌手やバンドを気に入るかなり大きな要素に、ヴォーカリストの声というのがある。
歌の上手い下手じゃない。楽器にしろヴォーカルにしろ、上手い下手はあんまりよく分からない。でも音色はわかる。声質そのものやその人独特の節回しやビブラートにどうにも魅了を感じてしまう。そしてそういうもの、ディテールというか表現というかうまい表現が出てこないけど、それが生々しい感情を感じさせてくれたりする。
上手いヴォーカリストはテクニックがあるのでそれが隠れてしまうことが少なくない。

以下、そのベスト5と自分の言っているコトが分かりやすい推薦曲をチョイス。


1.マーク・ボラン(Marc Bolan@T.Rex)
声のビブラートが最高。溜息、シャウト、囁き、どれも曲(幻想的な詩を含む)にぴったり。バックヴォーカルのビブラートもルナティックで最高。
百万言を尽くすよりも一聴すべし。聴いて感じない人はまあ好みが違うということで。
推薦曲はアルバム "Electric Warriror" から "Planet Queen"。
いやーほかにも山ほどあるんですけど、まあ推薦曲の入ってるアルバム1枚まるまる聴いてもらえればいいんじゃないでしょうか。


2.デヴィッド・バーン(David Byrne@Talking Heads)
ぜんぜん上手いヴォーカリストではない。でも独特のキャラがある。
"True Stories" という、バーン自身が監督をした映画のサントラ的な同名のアルバムの中に "dream Operator" という曲がある。その中の一節で、声の震えというよりも音程を外したというほうが表現として正しいような気がする箇所がある。
  And you dreamed it all
  And this is your story
  Do you know who you are?
  You're the dream operator
"Do you know " の "Do" の部分を音程を高くして歌う部分なのだが、これが泣いてるように聞こえてなんとも言えずジワッとくる。
世の中の「ヘタウマ」の定義がよく分からないが、この人なんかは当てはまるんじゃないかと思う。
推薦曲はこれで。


3.どんと(@ボ・ガンボス)
キャラ込みというのも否めないが、やっぱり天然モノの生々しさというのをものすごく感じる人。
推薦は "Bo & Gumbo" から "夢の中"。
やっぱりどうしてもバラード系が多くなっちゃうなあ。


4.リッチ・ロビンソン(Rich Robinson@Black Crowes)
この人は下手なわけじゃないのでここに挙げるのも失礼な気もするのだが、まあいいでしょう。
この人はメロディに合わせて歌う気の無い人。メロディラインに合わせて歌うことに価値を見出してない人。「俺のフィルターを通した歌」というのを追求してる。それに魅せられちゃうともう抜けられない。
長いタイトルのアルバム"The Southern Harmony And Musical Companion" から "Remedy"。


5.横山剣(@クレイジーケンバンド)
この人の曲そのものやファッションを含めたスタイルとかは正直、好きじゃない。でも声は最高。声そのものもいいし、ビブラートやコブシの感じ、使い方。
推薦は "タイガー・アンド・ドラゴン"。


| 本日の楽曲 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイムマシンにおねがい
気がついたら iTunes Store(いつから Music 消えたんだっけ)に 2006 年 ver. が上がってたのでダウンロードしてみた。
確かにいまやるなら木村カエラ以外に考えられないよね。
演奏はもう、酒だのボケだので意識がなくなってても弾けるんじゃねーかってぐらいこなれた感じで余裕しゃくしゃく。
メンバーの加藤和彦がどっかで言ってたらしいのだが、木村カエラは歴代ヴォーカリストの中で1番上手いとか。確かにそうかも。でもその分、インパクトには欠けちゃうキライはあるかなあ。もうちょっとイッちゃってる感じが欲しかったかなあ。
オリジナル版(加藤ミカ)は、ヴォーカルを重ねてある。確かにこれは下手さがバレないようにする手法だ(ジャニタレの歌が全部ユニゾンなのはこの目的)。ただ、声を重ねても、声の魅力が消えるわけではない。オリジナルは確かに上手くはないかもしれないが、それが良さなんだと思う。

オリジナル版は、あくまでバンドメンバーが優先・主役という感じがする。ヴォーカルはショートケーキの苺みたいなもんかな。ただその苺がなかなかいい味を出してる。自分はこういうちょっとエキセントリックな感じのヴォーカルが好きなんだよね。歌は上手い下手だけじゃないって思う。声の質とかヴィブラートとかもとても重要(そういう、声がキャラ立ちしてる My Favorite Vocalists ランキングも準備中)。

2006 年 Ver. は、おじさんたちの趣味に若い娘が趣味でつきあってあげてるって感じで、なんかいろんな意味でものすごく余裕を感じる。聴いててワクワクするのはオリジナルかなあ。いや木村カエラ好きだから2006年版も好きですけど。


| 本日の楽曲 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
黒い烏と3つめの黒いnano
The Brack Crowesの2枚組みの新譜("The Lost Crowes")を買った。新譜といっても、2枚目は既発曲の別テイクをさらったもの("The Tall Sessions")。まあきっと契約でも残ってたんだろう。
"The Tall Sessions"のほうは、彼らには既発曲の別テイクはいっぱいありそうなのでレアという感じはしないが、違ったものを聴けるのは嬉しい。
"Band"のほうは、"If It Ever Stops Raining"が"By Your Side"のalter lyrics版なだけで、それ以外は正規アルバム未収録曲。未聴のモノは新鮮でワクワクする。きっとアレンジはこれからなんだろうという感じだが、自分はこういうあんまりいじらない感じが好きなので、それはそれで歓迎。"Three Snakes And One Charm"以降はいじりすぎな印象があるので。

ということで、自分はデビュー版から"Amorica."までがお気に入りだ。30代になってからは、The Brack Crowesが一番へヴィ・ローテーションで聴いているだろう。敗北や挫折や衰えや諦めを知ったがまだ枯れるにはまだ早いこの心にとても馴染む。
中でもヘヴィ・ローテーションなのが"The Southern Harmony And Musical Conpanion"と"Amorica."。特に前者の"Remedy"から"Sometimes Salvation"と、後者の"Ballad In Urgency"〜"Wiser Time"。前者は、この畳みかけるようなレイドバック感が最高。後者は、曲のつながりが最高だし、"Wiser Time"の雰囲気が最高。"Wiser Time"を流しながら日暮れの高速道路を流したら最高だろう。

今までのiPodは再生するときに曲と曲の間に必ずギャップができてしまって、"Ballad In Urgency"〜"Wiser Time"という流れが台無しになってしまっていた。しかしソフトをアップデートしたら、曲間のブランクがなくなるような修正が入っていて、この流れを損なうことがなくなっていた。通勤の電車内でこの部分にさしかかったときは思わず笑みを浮かべてしまった。他にも曲間を無しにしているアルバムがいっぱいあるので、それがちゃんと再現されることは歓迎だ。

そんでもって、3つめのiPod nano を買ってきた。1つめは4GB、追加で1GB、そして8GBだ。いままで4GBを洋楽用にしていたのだが全然足らなくて難儀していたので、新しく買った8GBを洋楽ロック用、4GBは邦楽用、1GBはジャズやワールド・ミュージック用、という分け方に変えた。もちろん自分の洋楽ロックライブラリ(笑)は8GBではとても収まらないが。それならnanoをチマチマ買って75,400円も使うなら、HDD内臓のデカいのにすればいいじゃん、という人もいるだろうが、そうじゃないんだな。ジーンズのコインポケットに収まるnanoだから買っているのだ。携帯はバッグの中に入れてもいいがイヤホンのあるiPodは入れたくない。でもHDD版のiPodはとてもポケットに入れる気になんかならないのだ。
しかし新しいnanoには欠点もある。新しいnanoはminiのように天地の面のエッジが立ったデザインになってしまっていて、これがポケットに入れるときに引っかかるのだ。すべてのエッジが丸い旧型のほうがよかったな。

| 本日の楽曲 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
"Just Take My Heart" Mr.BIG
その日一日、頭の中で鳴り続けて離れなかった曲、という趣旨のカテゴリー。

"Lean Into It" はよいアルバムです。



え、日本代表戦?
それどころじゃねえ、仕事仕事!!
| 本日の楽曲 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふたつめの iPod nano を買った。
最初の 4GB のは洋楽専用、新しい 1GB のは邦楽専用。
手頃なバージョンが発売されたので、分けることにした。

どうも洋楽を聴きたい気分と邦楽を聴きたい気分とは違うらしく、洋楽を聴いているときに邦楽が聞こえてくると、まるで砂抜きの不十分な浅蜊を噛んでジャリッといったような気分になることがある。
★★★★★の曲を集めたプレイリストを作っているのだが、同じ★★★★★の曲でも、洋邦でどうも気分が違うのだ。

もちろん、洋楽という括りのなかでも、続くとガッカリする曲の並びはある。
"Don't Answer Me" や "Stack In The Middle With You" に続けて "Ghost Busters" なんか来た日にゃ死にそうになる。
"Ghost Busters" が嫌いなわけではないが、好きでもない。80年代ヒットチャートというプレイリストと映画音楽というプレイリストの充実という意味で入れているだけなので、あまりに気分が違い過ぎる。

The Yellow Monkey あたりなら OASIS に続いてもそれほど気にはならないが、そういう邦楽はあんまり持っていない。
洋邦で、求めている曲の雰囲気が違うのかもしれない。
邦楽の入口はヒットチャートだ。好んで聴かなくても、勝手に向こうから飛び込んでくる。そのなかで琴線に触れたものを買うわけだが、カラオケに向くか(場が盛り上がるか)というファクターも含まれる点、完全な趣味で選んでいる
洋楽とは違う。カラオケで洋楽を歌うこともあるが(邦楽だけでは保たない)、周りの人が知らない曲では仕方がない、という考えなので、よっぽどメジャーな曲じゃないと歌わない。レパートリーの中にみんなが知ってそうな曲があれば歌う、という程度(洋楽縛りは一度だけやったが、他の人がギブアップしてしまった。自分に限れば、たぶん朝までもつだろう。二人いるとして)。

Shuffle を買ってやれば、とは思わなかった。画面がなくて状態が把握できず、自分の意のままにならない Shuffle は、自分の好みに合わないからだ。

iPod の更新が手動になってしまって面倒といえば面倒だが、接続中の iPod のアイコンが、ちゃんと本体と同じ色になるのが面白かった(初めて知ったんだよぉ)。

| 本日の楽曲 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |