CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
<< Fulham 2-1 Arsenal | main | 声に惚れる:男版 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タイムマシンにおねがい
気がついたら iTunes Store(いつから Music 消えたんだっけ)に 2006 年 ver. が上がってたのでダウンロードしてみた。
確かにいまやるなら木村カエラ以外に考えられないよね。
演奏はもう、酒だのボケだので意識がなくなってても弾けるんじゃねーかってぐらいこなれた感じで余裕しゃくしゃく。
メンバーの加藤和彦がどっかで言ってたらしいのだが、木村カエラは歴代ヴォーカリストの中で1番上手いとか。確かにそうかも。でもその分、インパクトには欠けちゃうキライはあるかなあ。もうちょっとイッちゃってる感じが欲しかったかなあ。
オリジナル版(加藤ミカ)は、ヴォーカルを重ねてある。確かにこれは下手さがバレないようにする手法だ(ジャニタレの歌が全部ユニゾンなのはこの目的)。ただ、声を重ねても、声の魅力が消えるわけではない。オリジナルは確かに上手くはないかもしれないが、それが良さなんだと思う。

オリジナル版は、あくまでバンドメンバーが優先・主役という感じがする。ヴォーカルはショートケーキの苺みたいなもんかな。ただその苺がなかなかいい味を出してる。自分はこういうちょっとエキセントリックな感じのヴォーカルが好きなんだよね。歌は上手い下手だけじゃないって思う。声の質とかヴィブラートとかもとても重要(そういう、声がキャラ立ちしてる My Favorite Vocalists ランキングも準備中)。

2006 年 Ver. は、おじさんたちの趣味に若い娘が趣味でつきあってあげてるって感じで、なんかいろんな意味でものすごく余裕を感じる。聴いててワクワクするのはオリジナルかなあ。いや木村カエラ好きだから2006年版も好きですけど。


| 本日の楽曲 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyneside.jugem.jp/trackback/218
トラックバック