CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
<< 企業から報酬をもらって書いたブログ記事 | main | Bolton 1-3 Arsenal(試合終了) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Bolton 0-1 Arsenal(前半)
よい子じゃなくてよい大人は日本時間木曜早朝からの試合なんか観られないから(あれ?)、録画しておいたものを。

GKはアルムニア(Almunia)。ライトバックにジュルー(Djourou)、センターにトゥレ(Toure)とジルベウト・シウバ(Silva)!、レフトバックはクリシ(Clichy)。中盤は右からフレブ(Hleb)、ディアビ(Diaby)、デニウソン(Denilson)、左にロシツキ(Rosicky)。前はアデバイヨール(Adebayor)とバティスタ(Julio Baptista)。
おいおい、ブラジル人が3人だなんてアーセナルらしくないな。
"フレンチ・コネクション" 最盛期はアンリ、ピレス、ヴィルトール、ヴィエラと4人がピッチにいたこともあったけど。今日でも左右両バックがフランス人だし、ベンチにはアリアディエール(Aliadiere)がいるし、今日はお休みのアンリ(Henry)とフラミニ(Flamini)、ギャラス(Gallas)が復帰したら6人体制だね。そういう意味ではいまも最盛期か。

前半。

5分、ロシツキがアデバイヨールとワンツー・ワンツーでゴール前に抜け出してシュート…は撃てなかった。
7分、ロシツキがゴール正面から右足でミドル、やや左に外れる。
調子はまずまずかな。ボルトンは相変わらず詰めが早くむしろ当たってみろやぐらいの勢いで寄せてきて、左から右から奥からゴール前に高いボールを放り込むだけ。

13分、ライン際に追い詰められたフレブが(この試合で攻撃に絡むのはこれが初では?)中のスペースにボールを出し、デニウソンが拾ってアデバイヨール、再びデニウソン→ロシツキ、遠いサイドでフリーのバティスタにパスを出そうとしたがカットされる。しかしそのDFがカットしたボールを、止まらずに走りこんでいたアデバイヨールが拾ってシュート、先制。中央でパスをつないで攻めるアーセナルらしいゴール。

16分、右サイドを守っているカンポ(Campo)がかなり引いているのとロシツキに引きつけられているので、クリシにはスペースがあるので、余裕でクロス。いいクロスだったが、バティスタには合わず。

17分、帰陣が遅くて自陣の中央に広いスペースが。相手も殺到してこなかったから対応できたものの。

ロシツキは一応右だが、中央まで入って捌き役も担っている。

27分、素晴らしいカウンター。自陣左サイドでボールを持ったロシツキが、ライン際、カンポの背後にいたアデバイヨールにいったんボールを預けて駆け上がる。アデバイヨールはそのロシツキの前のスペース(ペナルティエリア左側)にボールを出し、そのまま斜め前方(ゴール正面)に向かって走りこむ。ロシツキはダイレクトで鋭いクロスを折り返す。遠いサイドにいたフリーのバティスタはダイレクトでシュートするが、惜しくも枠には飛ばず。中に走り込んでいたアデバイヨールもフリーだった。

30分、右サイドのペナルティエリア7、8メートルの辺りでボールを受けたフレブ、受ける直前にチラッと中を確認して、受けて向き直ってからまた確認、2人のDFの間の狭いところを通す(アーセナルらしい!)。ボールはペナルティエリアの中にいたバティスタに届きはするものの、ダイレクトでは撃てず。至近距離に3人相手がいる状況では、ダイレクトでシュートする以外に道はない。いやもちろんかなり無茶な注文だと思うが。

31分、ロシツキから相手の裏へのスルーパスはアデバイヨールがオフサイド。でもいい感じ。続けてバティスタからアデバイヨールにまたスルーパスがあったが今度は強すぎ。

35〜36分、左サイドでアデバイヨールがデニウソンにパスをしてボールが相手陣内に入ったところから数えてみた。パス1、2、3、4本で左から中央へ、5、6、7で右へ、7、8、9、10、11で中央でいったん下げて12でまた左へ、前にスルーパスを出そうとしたところでようやくカット。その間40秒。たぶんボルトンなら左から右の奥へどかーんとロングボール一本、2秒だろう。マンU(Manchester United)やチェルシー(Chelsea)もこんなには回さないだろう。やっぱりアーセナルは特異だ。

43分、ゴール前の混乱で失点しがちなアーセナル、ポストにも当たったが被弾せず。ディアビが拾って前に残っていたアデバイヨールにロングパスでそのままカウンター。アデバイヨールは倒されながらも後ろから追い越してゆくバティスタにパスを出す。バティスタはペナルティエリアまで侵入したが、追いすがるDFと絡んだかそれとも足を滑らせたか、倒れてしまう。

アディショナル・タイムに入る前後ぐらいはまたパス回しショー。

明日もあるので、今日のところはここまでー。


| Match of The Day | 01:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:21 | - | - |
コメント
いつのまにジュルーはフランス人になったんだ?
| まさ | 2007/02/16 6:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyneside.jugem.jp/trackback/284
トラックバック