CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
<< 長崎市長銃撃さる | main | ネタなし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ちょっぺ〜ちょっぺ〜

ワンチョペが先発ということで味スタ推参。

「おおー今日は風が強いなー」と思いながら自転車でボーッと走っていたが、風景に違和感。知ってる道だからいいか〜と思ってそのまま走っていたが、気がついたら知らない場所。おおーっと、知ってる道だけどこりゃぜんぜん違う方向だぜ。おじいちゃんになったらご近所徘徊決定だぜこりゃ。

引き返してスタジアムに到着、8kmぐらい無駄足、すでに試合開始。迷わなければ試合開始30分以上前に到着するはずだったのに。試合前のワンチョペの選手紹介でサポがどういう盛り上がりをするのか聞きたかった。

U自由席のチケットを買って入ったのだが、かなりいっぱい(観客22,000人)。
前の列に、小学校低学年ぐらいの子供を3人連れた外人さんが観ていたのだが、子供はジャーンの子供用ユニを着てるし、おじいちゃん?は青と赤のタオルマフラーをしている。今野が得点したら立ち上がって喜んでいる。しゃべっていた英語からすると英国人っぽい。英国人が東京のサポーターになるというのはどういうもんなんだろう。日本人などのフットボール後進国が先進国であるヨーロッパやブラジルアルゼンチンのチームに魅力を感じるというのは分かる、というか自分もそうだから。憧れ込みだから。でも、明らかにイングランドよりもレベルの落ちる日本のフットボールを応援する心境というのはどういうものなのだろう。

もし自分がイングランドの片田舎に住んだとしたら、たとえ地元民に友達や知り合いがいなくても、現地での生活に楽しみを見出すひとつのネタとして、地元の半分アマチュアのようなリーグのチームでも応援するだろう。そういうものなのだろうか。

ワンチョペの感想。

運動量はあまりない。後半、1プレイだけ人が違ったように横浜のボールホルダーに詰めたシーンがあったが、それだけ。そのシーンでは観客が妙な沸き方をしていた。
ポストプレイはまずまずだが、攻撃につながった印象はあまりない。落としたボールを受けに行く選手がいないということもあるのかもしれないが、トラップがあまりうまくはない。敵を背負ってのプレイは、横浜相手ぐらいなら問題なし。
間合いは確かに独特。ポーンと浮かせるトラップなど魅力的なプレイも時折見せるのだが、足を入れられてもなんとかキープするというのはあまり得意ではなさそうなので、そんなに長時間キープできるわけではない。周りにサポートする選手が欲しい。ドリブルするシーンはほぼなし。
でも、間違いなく平山より上。当然か。モタモタッとした動きを見習わず、相手を背負ってのポストプレイの強さを見習って欲しい。

試合は、サイドの裏にボールが出るシーンとかはそれなりに多くて楽しめはしたのだが、相手ゴール前でのプレイ精度が欠けていて、勝てそうな気もあまりしなかった。とはいえ正直、負ける気もしなかったが。結果はご存知のように 1-0 で勝ち。CKのこぼれをクロス、それをワンチョペがヘッドで折り返したところを今野がゴールした。

| Match of The Day | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tyneside.jugem.jp/trackback/333
トラックバック