CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
獣どもの街
獣どもの街 (JUGEMレビュー »)
ジェイムズ エルロイ
一応、エルロイ最新作になるのかな。
現代モノは初めて読んだが(「キラー・オン・ザ・ロード」は21世紀の今としては現代モノというには微妙か)、やっぱりリアルは難しいのかもね。エルロイ好きなら押さえておくべきだが、エルロイ初心者はやはり4部作(「ブラック・ダリア」「ビッグ・ノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイト・ジャズ」)から入るのがお勧めです。ただし「ブラック・ダリア」の最初100ページは我慢してください。そのあとはぐんぐん引き込まれます。
エルロイ読んだらその辺の小説なんか生ぬるくて読めなくなっちゃうかもしれないけどね。
RECOMMEND
クライスト・イリュージョン
クライスト・イリュージョン (JUGEMレビュー »)
スレイヤー
ああスレイヤー。
飲み慣れた味噌汁を飲むようにスレイヤー。変わらないというのは素晴らしい。
RECOMMEND
シーズンチケット
シーズンチケット (JUGEMレビュー »)

サポートするチームのシーズンチケット欲しさに必死になって息子が貯めた金を奪って酒場で飲みながら"My Way"を歌う最低の親父。酔っぱらって車に跳ねられて死ぬ親父。いやーこういう人生羨ましい。
RECOMMEND
Monty Python Sings
Monty Python Sings (JUGEMレビュー »)
Monty Python's Flying Circus
人生救われました。これホント。
人間、なんもないところからきてなんもないところへ帰るんじゃん。何を失ったって言うんだい? なんもないじゃん!!
生きてるだけで丸儲けさ。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Henry, Merci, au revoir!
Barcelona close in on Henry deal
Soriano justifica los 24 'kilos' que se pagarán por Henry

スペインのチームであるバルセロナ側からの情報なので眉に唾はつけるが、いつものようにたっぷりとはつけず、心持ち少なめ。いやかなり少なめ。バルセロナの幹部があっさり言い放っているし、なによりも全員の利害が一致するから。

いままでアンリはアーセナルに特別な愛着を示していた。その愛着の理由は、まずはヴェンゲル(Wenger)監督の存在あってのものだろう。次に、やはり自分が王様でいられるチームであるということ。しかし今シーズンはそのどちらも揺らいでいる。

4月の中ごろに、副会長(と訳していいのかな)のデイン(Dein)氏が他の首脳との意見の食い違いを理由として辞めている。このデイン氏がヴェンゲルの最大の理解者であり協力者であったので、ヴェンゲルの「アーセナル愛」も揺らいでいる。当然それはアンリにも影響する。
自分の会社に置き換えると分かり易い。自分がある部長を慕っていて、その部長は社長に信頼されている。ところが社長が交代して、自分が慕っている部長の立場が微妙になった。新社長のことは気に食わない。もし部長が辞めたら…。いやまさに今の自分の状況と似てるんだよなー。もちろん自分の場合はアンリのように重用されているわけじゃないが。

さらに、アンリのヴェンゲルに対する忠誠にも翳りが出ている、のではないかと状況からは推察される。なぜなら、アンリを絶対的な核として構成されていたチームが、アンリが怪我でいない間に、アンリ抜きでもなんとかなるような体制になってしまったから。

もちろんアンリ絶好調時代とは比べるべくもない成績であり完成度だが、ほぼ1シーズンアンリ抜きで曲がりなりにも乗り切った。これで少なくとも「やっぱりまだアンリがいないとこのチームはダメだ。アンリさんお願い復活して!」という雰囲気にはなっていない。つまりアンリの存在感は明らかに低下している。

笑顔の可愛いアンリだが、実はけっこう使いづらい選手でもある。なにしろ出場することを至上の喜びとする選手なので、怪我をしていても出場したがるのだ。交代ももちろん嫌がる。ヴェンゲルもアンリの使い方には苦労していた。チャンピオンズ・リーグの試合に出てもでなかなか調子が上がらない。調子が上がらない選手を特別扱いするとチームの雰囲気が悪くなるのに、明らかに怪我をしているのに出場させるようでは、それって何なのと出られない選手は思うだろう。

サポーターはアンリを愛しているし、アンリもプレミアを愛してはいるだろう。が、そうは言ってもそれはあくまで付帯状況。さっきの会社の話で喩えると、自分の同僚たちともうまく行ってるし自分が担当している顧客の受けもよい。でもそれは自分の進退を左右するほどの理由にはならないだろう。

しかも、プレミアではすごいけど他ではねえ〜などと言われているのだから(イタリアでは芽が出ず、W杯では活躍できていない)、プレミア以外の場でやってみたくなるのも当然だろう。プレミアにいたときは常にアンリの後塵を拝して1度しか得点王になれなかったファン・ニステルローイ(Van Nistelrooy)が、リーガに行ったらいきなり得点王。できると思うのは当然だろう。

アンリになったつもりで考えてみると、こんな感じか。

俺は今年は怪我だったけど来年は絶対大丈夫。なのにたぶん監督は、俺のことを信用していないっぽい。まだまだケツの青い若造ばっかりでチーム作りをしている。間違いなく俺がいなくなったときのことを考えてのことだろう。
監督は30歳を過ぎた選手に冷たい。ベルカンプ(Bergkamp)は特別だった。上手すぎるし、出場できなくてもあんまり文句言わないからな。去年の俺の使われ方と今年のチームの作り方からすると、俺の居場所は小さくなるだろう。
バルセロナか…。世界的な選手がいっぱいいるな。テュラム(Thuram)とジュリ(Giuly)もいるし。エトー(Eto'o)がエースだけど、あいつも去年はイマイチだったし、俺ならあいつからポジションは取れる。サポーターの熱狂具合もアーセナルに負けてないしな…。


時の経過でアンリ絶対王政は必ず崩壊するので、アンリ依存体質からの脱却は必須課題だ。
去年はその課題に着手するいい時期だったともいえる。

でも、アンリの代わりになる主軸のストライカーがいなくなる。
エトーと交換がいいなあ…。

| 気になる記事 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
あらら、ちょぺさ〜ん…
東京FWワンチョペに事実上の戦力外通告

来日した瞬間からやる気ナシナシ状態だったチョペさんついに(笑)

Jリーグ開始当初はこういう外国人選手はいっぱい来たけど(リネカーとかリネカーとかリネカーとか)、最近はあんまりなかったね。
先日引退(表明)したトルコの王子様ことイルハンも何もしなかった人だけど、この人は怪我だったわけだしね。

アスレティック・ビルバオ(Athletic Club de Bilbao)のウルサイス(Urzaiz)が退団して引退するかもーとか言ってるから、呼んだら? バスク人は勤勉だよ。
| 気になる記事 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
Tycoon quiet over Birmingham bid
Tycoon quiet over Birmingham bid

うげ、ミタルのオーナー、アブラモビッチの倍の金持ちだって。
もうどのくらい金持ちなんだか分かりません。ゴクウの敵みたいなインフレ感。

ま、いいんじゃね、別に。
アブラモビッチよりは怪しくないし、バーミンガムはどうでもいいし。


| 気になる記事 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
他人のコトは言えん。
ガイアの夜明け「消費を眠らせるな!〜“深夜”市場に商機あり〜」を観た。

深夜に買い物ができるということは深夜に働いている人がいるということであり、懇切丁寧な接客をされるということはする側はそのための準備をし神経を使うということだ。

自分が便利なサービスの恩恵を受けるということは、自分がサービスする側に回ったときも同じようにサービスを提供しなければならないということだ。たとえいま自分が受けたサービスと自分が提供しているサービスの分野が違っても、結局そこまで波は及ぶ。

物価が安くなるということは我々も安く使われるということであるというのは、この十数年間、身をもって体験してきたことだ。それはサービスに対しても同じことだと普通に思うのだが、そこに想いは至らないのだろうか。それともそれでいいと思ってるのだろうか。

美味いものを食べると、肥えた舌はマズいものを受け付けなくなる。
便利なサービスを受けると、不便なサービスを受け付けなくなる。

そういうもんだとは思うが、それに慣れるってのは怖い。
過剰なサービスが常識だと思い込むと、ちょっと気に入らないことがあるだけで気が狂ったように怒り出す客が増える。
オマエのその買い物は幾らだよ、そんなに語気を荒げて店員を罵倒するほどの値段の買い物なのかよと思うオバサンを見かける。そりゃ対価に相応しくない商品に対して不満なのは分かるけど、そのキレ方ってのが常軌を逸してると思うんだけどな。

得をしよう得をしよう、損をしたくない損をしたくない、そういう思いがみなさん強すぎじゃないですかね。


…とココまで書いて、じゃあ俺の前のエントリはなんなんだと自分にツッコミを入れた。手の甲じゃなくて拳骨で入れた。
他人のコトは言えん。まったく言えん。
我が振りを直そう、と思った。

でもダメな商品にはダメ出ししないとダメじゃん?
クソを掴まされたときは誰かに言いたいじゃん?
店員を罵倒するのはアレな感じがするけど、穴に「王様の耳は〜」って叫ぶのはいいじゃん。
地面の穴じゃなくて電脳の深遠なる底なしの穴だけど。


| 気になる記事 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
絶対買わない
N703iμのエントリを上げた数日後にこの記事
このエントリのアップは忘れた頃だが。

なんだわかってやがんじゃねーかよ。遅えんだよ。そんじゃとっととやっとけっつーんだよ。

改善される(された)ら買いますか?
ぜってー買わねーよバカ。こっちは騙された気分なんだよ。
世の中こういうタイミングってのは常にあるわけだが、常にあるからといってそれにビンゴした悔しさが癒さるわけでも、いまの使いにくさがよくなったりするわけでもない。
この指には掴まされたクソがべっとり。

慣れる前に買い替よう。


| 気になる記事 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
Ashley to take over Newcastle Utd
Ashley to take over Newcastle Utd

シェパード(Shepherd)会長も観念したらしい。
新しいオーナーには、攻撃面も忘れないでほしいが、ちっとはディフェンダーの補強に金を出して欲しいもんだ。
| 気になる記事 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
コムスン
コムスン全事業、グループ内譲渡・厚労省が凍結指導


事前にヤバいことはやらせない方式からなんでもやらせてトラブッたら罰するって方式にしたんだから、折口と幹部連中には死んで詫びさせろよな。当然財産没収な。

基本的になんだかなあと思う中国が羨ましいのは、こういうときにスパッと死刑にしちゃえることだよな。なまじ民主主義とか言ってると、正義に反しても民主主義だしとかグダグタになっちゃうし。

ま、下層を食いものにしてる人材派遣屋もとい奴隷派遣屋なんだから、下層のガス抜きにもちょうど妥当なんじゃないですか、死刑あたりが。

| 気になる記事 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Transfer Gossips for Magpies
Viduka set for Newcastle transfer

決まりらしい。すばらしい。ヴィドゥーカ(Viduka)大好き。
プレミアを観るようになった試合でハットトリックを決めたのがリーズ(Leeds)時代の彼だ。相手はリヴァプール(Liverpool)。
FooTNiK というパブで観たな。今は FooTNiK は恵比寿にあるが、当時はまだ高田馬場にあった。
シアラー(Shearer)と同じく「大黒柱」的なプレイヤーで、頼りになる。シアラーと違う点は、ヴィドゥーカのほうがよりテクニックがあって、より前線で左右に動くという点だ。


Newcastle & West Ham want Barton


いらん。まったくいらない。ボウヤー(Bowyer)とダイアー(Dyer)がピッチ上で殴りあったことが2年前だったかな?にあったが、その二の舞を率先して踊りそうなヤツ。

Tuesday's gossip column
Newcastle are closing in on Czech Republic
defender David Rozehnal, who plays for Paris
St Germain. (Various)

よく分からんが、ブランブル(Bramble)を放出し、オニェウ(Onyewu)のローン契約を更新しなかったんだから、補強しないと話にならない。低迷パリから放出される選手にどれだけの期待をしていいのか分からないが、「イングランドの再生工場」アラダイス(Allardyce)の眼力に期待しよう。


| 気になる記事 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
Allardyce to mimic Bolton methods
Allardyce to mimic Bolton methods

選手たちのフィジカルコンディションを整えるために科学的な方法を採用すると。
素晴らしいことだ。

昨シーズンのローダー(Roeder)監督も、一昨シーズンのスーネス(Souness)監督も、怪我人の多さを成績不振の理由にしていた。それはそうなのだろうが、なぜそんなに怪我人が出るのか理由を探ったとか、怪我人を出さないように新しい方策を採ったとか、そういうことは聞こえてこない。ただ成績不振の理由として挙げていただけだった。

以前、元アーセナル(Arsenal)の選手だったアダムス(Adams)だったか誰だったかが、「ヴェンゲル(Wenger)がチームに来て、そのコンディショニングの方法に驚いた。なにしろそれまではフッシュ・アンド・チップスとビールと煙草の生活だったんだから」という趣旨の発言をしていたのを何かで読んだ。

ニューカッスルでは、そこまで酷くはないにしろ、そういう方法が採られていなかったのではないか。というか、採られていなかったからアラダイスがそういうことを言い出しているのだろう。

いや、アラダイスは評価してるんだよ。
あれだけ癖の強いメンバーをまとめていたんだからチームマネージメント能力はピカイチに決まってるし、こういうフィジカルだってちゃんと面倒見てるから他チームで使えないとされて放出された選手たちが一年を通してプレイできるわけだし、明確な戦術が一貫しているからチームの意思がまとまって戦いやすいわけだし。

ただそのチーム戦術が最低最悪だっていうだけで。
うーんアンビバレンツ。

| 気になる記事 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミス・ユニバース
日本の森理世さんが優勝・07年ミス・ユニバース

綺麗。でもやっぱアジアン・ビューティーなんだねー。
静岡の人ってわりにはエキゾチックだね。縄文系が濃いのかしら。

しかしこういうのに出場するバイタリティとか物事に取り組む前向きさとか、
羨ましく思いつつウザいとも思いつつ。友達には欲しくないかな。

| 気になる記事 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/12PAGES | >>